gori0I9A9925_TP_V

■この本の概要
静岡在住のトップブロガーのかん吉さんによる読者やファンが多いブログの作り方について実体験を基に記載された本です。

■この本から学んだこと

○ブログ=自分の資産
自分の体験したこと、学んだことを備忘録の意味も込めてブログに残して置き、難度も読み返し、日々の生活でアウトプットすることで自分が成長できる。※単たるメモとして残すのではなく、「ブログ」という他人に見られるような形で残すことで本当に身に着くと思う。→「人に教えること  によって初めて身に着く」ということもよく言われてる。

○まずは役に立つ情報発信
自らもセールスであるのでとても共感します。どこのバイヤーもメーカーのセールスの予算達成のために協力はしてくれません。バイヤーは自分の抱える課題を解決してくれるメーカーセールスの提案を採用する。その信頼関係が築けた後、例えば「今月売上厳しいんですよね〜これなんとかお願いします!」というと「いつもいい提案してくれてるし‥‥じゃあいいよ!」という流れになることもある。ブログでも同様にまずは役に立つ情報を発信することでそのブログを採用してくれる人(=ファン)が増え、ブロガーとファンの信頼関係が築けた後、「この人が紹介するものなら買ってみよう」と思ってもらえるもの!

○リピーターを増やそう!
リピーターは気に入った記事をSNS等で拡散してくれる。(=リピーターを作ることが新規のファン獲得に繋がる)まずはSNSのフォロワー1000人を目指そう!そのためにFacebookページ、ツイッター、はてなブックマークの準備をしておこう。ソーシャルメディアでブログの告知をし、そしてブログにそれらのソーシャルボタンを設置しよう。

○ターゲット選定は重要
ターゲットを決めることはリピーターを作る上で重要。特定のターゲットから圧倒的な支持を得ることがリピーター獲得に繋がる。自身のブログでは「現在、会社員だけどいずれは1人で自由にお金を稼ぎたいと考えていろいろビジネス書を読んでいる30代サラリーマン」をターゲットにしてます。

○記事タイトルは重要
上記のターゲットを意識しつつ、そのターゲットが見たいと思うようなタイトルをつけるようする。例「あなたの〜」、「〜の方法」、「〜の理由」など

○ブログは「文章+画像」
文章だけがずらっと続いていると読者は読むのに疲れてしまう。ブログの内容を連想するような画像を入れるようにすることで読みやすいブログを目指そう。ソーシャルメディアでのブログの告知も必ず画像を載せよう。参考:無料素材「ぱくたそ」、「足成」

○読書好きは書評から!
書評を書く際は要約だけでなく、自分が考えたことを書くようにする。そうすることでその書評にオリジナリティが生まれ、ファンがつくようになる。自身の書評ブログでは読んでほしいターゲット=自分なので自分自身が感じたことを分かりやすく書いていきたいと思う。

○「まとめ記事」を書こう
何が新しいことを知りたいときはまずは全体像を知りたいと考える人が多いと思います。そういった人達をファンにするためには「まとめ記事」を書くことが効果的。「まとめ記事」ははてなブックマークされやすくネット上で拡散されやすい。※「NEVERまとめ」でまとめ記事を作成して自分のブログ記事を紹介してアクセスを引き込む。※1度バズったらすぐに新規の記事を投稿することでファンとの接点を増や
し、リピーターに繋げる。

○スマホでの見え方を重視
ブログでのアクセスは6割〜7割がスマホ経由の時代です。(自分の生活を振り返って見てもTV見てる時間よりスマホでユーチューブ見てる時間の方が長いです。それくらいスマホを通して情報と接しています。)スマホでの記事の見え方を意識しよう。自身の今までのブログ記事はPCで作成していたのでスマホ
で見た際に非常に読みづらくなってました。これを機に修正してみます。 

○カエレバは便利
紹介したい商品リンクをつくると自動的にAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大手モールへのアフィリエイトリンクを生成できる。

■この本を読んだ感想
以前、6月に静岡でかん吉さんが主催されたブログミーティングに出席して本格的にこのブログを始めました。自身もマラソンが趣味で勝手ながら親近感が湧いたこともあり、「わかったブログ」を閲覧してます。最近ブログ運営に悩んでいた時にこの本に出会いました。私もかん吉さんのように多くのファンが作れるように、役立つ情報を発信していけるように頑張りたいと奮起出来ました。よし、頑張るぞ!