フツーの営業マンによるビジネス書評

このブログではビジネス書等を読んでただテンションをあげるだけでなく、 読んで「自分が学んだこと」をメモのようにまとめています。

こんにちは!
毎月の売上ノルマに追われ、社内の人間関係に悩み・・・
”いつかは自分の力でお金を稼ぎ、ストレスフリーな生活を送りたい!”・・・
と憧れを抱きながら自己啓発書などを読んでテンションだけが上がっている
ストレス満載のどこにでもいるフツーの営業マンです。

このブログではビジネス書等を読んでただテンションをあげるだけでなく、
読んで「自分が学んだこと」をメモのようにまとめています。
そのメモを通勤時間や商談の待ち時間のようなスキマ時間に何度も読み返す
ことで身体と頭に刷り込ませ、日々の仕事や生活でアウトプットしていきながら
1歩でも”憧れの生活”に近づいていきたいと考えています。

私と同じような”憧れ”を抱いている同じ営業マンの方にぜひ読んで
共感していただき、一緒に成長していけたらと思います。


勉強法関連

ビジネスマンの読書術

■この本概要
モバイルデバイス、クラウドサービス、ソーシャルネットワークの最新テクノロジーを活用した進化したビジネス書の読み方について書かれた本です。

■この本から学んだこと

Kindleには「ポピュラーハイライツ」
本を読んでいて 多くの人が線を引いている箇所は何処か、この機能を使うと簡単に知ることが出来ます。

「Add Page to Evernote」
パソコンでウェブサイトをチェックしている時に、統計データやグラフなどを保存しておきたいものが見つかったときにコマンドを選択するだけで「ノート」に入ります。

iPhoneを探す」というアプリ
iPhoneを紛失したときのリスク管理といった知識も、モバイル力の1つとして備えておきましょう。 パソコンを使ってどこにiPhoneを置き忘れたかを検索する」「見つからない場合は遠隔ロックをしたりデータを消す」といった機能を知っておくとよい。

エバーノートの最大の魅力
キーワードさえ入れれば何でも拾ってくれるところ

お勧めのビジネス書評
土井英司の「ビジネスブックマラソン」
smooth「マインドマップ的読書感想文」
聖幸「俺と100冊の成功本」
渡辺由佳里「洋書ファンクラブ」

RSSリーダーでは通常のニュースでは見れないニッチな情報を見る

■この本を読んだ感想
Kindleには「ポピュラーハイライツ」という機能は客観的に本のどの部分が重要なのかがわかるので便利だと思います。このブログも上記でお勧めのビジネス書評になれるように多くの本を読んで私と同じようなビジネスパーソンに役立つ情報を発信していけるように引き続き頑張っていきたいと思います。

ビジネスマンに必要なことは読書だった!

多くのビジネス書を目的を持って読むことでビジネス書から自分にとって必要な要素を抜き出してそれを日々の仕事でアウトプットすることで多くのリターン(収入UP等)を得ようという内容。


■この本から学んだこと

本を読まないビジネスパーソンは練習しないで試合に臨むスポーツ選手と同じ。仕事(試合)で結果を出すには読書は必須

本を読んでインプットするだけではただの自己満足。
いかにアウトプットするかが重要。

多くの本を読むことは考えの偏りを予防また1つの分野において5冊ほど読めばその分野における原理原則など重要なことが見えてくる。

ビジネス書の効果的な読み方
①自分の人生の目標や現状の課題を考える。その目標の達成や課題解決において何が必要かを考える。これが本の分野の選定(例:トップセールスマンになりたい等)

②書評やAmazonを参考に本を選定※教養型より経験型(トップセールスになりたければトップセールスが書いた本を選んだほうが学ぶべき内容が多い。

③その本から得たいものは何かを具体的に書き出す。(例:営業先から信頼される方法が知りたい等)本を読む前にこれをすることで読む際に得たいものが出てきたときにより集中して読ことができる。

④本を読み終える制限時間を設ける。制限時間がないと読まなくていいところまで読んでしまい本来集中して読まなければいけないところが集中して読めなくなってしまうため。

⑤重要だと思ったところや仕事で活かせると思ったところには線を引き、ドッグイヤーをしたり、読んでいて思ったことなどは余白にメモする癖をつける。

⑥読み終えたら線を引いた部分やメモした内容を抜粋した「レバレッジメモ」を作り隙間時間等に読むようにして自分の頭に刷り込ませるようにする。重要なことを繰り返し頭の中に刷り込ませることで日々の仕事や生活の中でアウトプットできるようにしておく。

■この本を読んだ感想

本田直之さんは私が目指すビジネスパーソンそのものです!レバレッジ・リーディングを取り入れることで多くのリターンを得ていきたいと思います。 

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ