フツーの営業マンによるビジネス書評

このブログではビジネス書等を読んでただテンションをあげるだけでなく、 読んで「自分が学んだこと」をメモのようにまとめています。

こんにちは!
毎月の売上ノルマに追われ、社内の人間関係に悩み・・・
”いつかは自分の力でお金を稼ぎ、ストレスフリーな生活を送りたい!”・・・
と憧れを抱きながら自己啓発書などを読んでテンションだけが上がっている
ストレス満載のどこにでもいるフツーの営業マンです。

このブログではビジネス書等を読んでただテンションをあげるだけでなく、
読んで「自分が学んだこと」をメモのようにまとめています。
そのメモを通勤時間や商談の待ち時間のようなスキマ時間に何度も読み返す
ことで身体と頭に刷り込ませ、日々の仕事や生活でアウトプットしていきながら
1歩でも”憧れの生活”に近づいていきたいと考えています。

私と同じような”憧れ”を抱いている同じ営業マンの方にぜひ読んで
共感していただき、一緒に成長していけたらと思います。


ライフスタイル関連

お金の貯まる人の習慣とは

お金が貯まる人の習慣について記載された本です。

■この本から学んだこと

節約していれば小金は貯まるけれど、豊かにはなれない
若い頃は、手持ちのお金を将来のために投資すべきで、節約してお金を貯めるほうに意識を向けていては、豊かな未来は望めない。 

「購入したあと、価値が下がっていくようなもの」にあまり魅力はない。  
それよりも、将来、現在の価値以上になると期待できるものに、投資を兼ねて「生き金」を使う方が良い。

しっかりとした経済的な基盤をつくってから、贅沢品を買えばいい。

お金が貯まる人は「不労所得」を追いかけ 収入が増えたときにも支出レベルをしばらくそのままにしておく
「自分の収入では、ここまで可能だな」という暮らしのレベルから 2ランクくらい下げて暮らすと意識しており、自動的にお金は貯まっていく。

文章を書く仕事をしていれば、その技術が人に提供できるものになるし、経理をやっていれば、その技術も当然、人に提供できるものになります。
「でも、資格のようなものは持っていないし、私よりできる人なんて、大勢いるし……」 そのように考えることにまったく意味がないのです。商売というのは、「あなたが売れるもの」に対し「それを求める人」がいれば、その時点で成立します。  例:会社でパソコンを使っている事務職の人会社や家では使っているけれど、それほど詳しいわけではありません。会社でわからないことがあると、得意な社員に「これ、どうすればいいの?」と聞いているレベルかもしれません。それでも、たとえば70歳くらいの高齢者を考えてみてください。いままでパソコンなんて、ほとんど触ったこともない。そういう人から見たら、この事務職の方は「パソコンに精通している人」と映るのではないでしょうか。 

勉強してみたかったこと、チャレンジしてみたかったこと、興味を持っていたこと……」これらを経験していけば、それらはすべて未来のあなたが提供できる資産になります。

経済的自由を得るまでは、できるだけものはキャッシュで買う習慣をつけなければならない。
お金持ちの方でも、賃貸のマンションに住んでいる方は多いのです。自分の不動産も持っているのに、こちらは人に貸してむしろ「お金を働かせる手段」として使う。

感覚的に とりあえず「これだけあれば安心」という額を決める。
別に期限は切りませんので、1年だろうが、10年だろうが、あなたにとって可能なタイムスパンで実行すればいいのだと思います。 そして、この「不安を解消するためのお金」が貯まったら、「一生使わない貯金」と同じく、そのお金には一切、手をつけません。

不安をなくす貯金」ができたあとの、その先の目的も考えておく。
つまり「お金の不安」をなくしたあとで、「さらにもっとたくさんのお金を貯める目的」も決めてしまうのです。すると「不安を感じない金額」の上に、さらにお金が積み上がっていきます。

お金を貯めて何を実現したいか」ということを考えていきましょう
たとえば「独立して会社をつくりたい」も、「別荘が欲しい」も、「海外に住みたい」も、「車が欲しい」も、「環境のNPO(民間非営利組織)を立ち上げたい」というのも、すべてあなたが実現させたいことでしょう。 

「働かなくても入ってくるお金」を投資によって生み出していくことができれば、お金から自由になれるのです。 

「価値が上がるもの」とお金を交換していけば、最初は小さな投資でも、最後は莫大な額になっていきます。

■この本を読んだ感想
ただ節約するのではなく、生活の質を現状のまま維持しつつ何もしなくてもお金を生み出してくれるようなものにお金や時間を投資することが豊かな生活を送るうえでは大切であることがわかりました。

トライアスロンが仕事に与えるメリットとは

トライアスロンとビジネスの関係を記載した本です。

■この本から学んだこと

ビジネスエクゼクティブがトライアスロンをする理由

○タイムマネジメント、セルフマネジメント力が身につく。
トライアスロンを始めると練習時間を作るためにスケジュールを管理するタイムマネジメント力が強化される。さらにトライアスロンチームのようなコミュニティの一員となり、周りの振る舞いや考え方に触発されると自分の生活を律するセルフマネジメント力が養われます。また正しい判断が下せるようになる最善の答えを常に出すためには身体のコンディションを整えてメンタルをベストな状態にしておくことが大切。

○自分に自信がつく。
レースで3種目すべてをクリアして完走すると大きな達成感があり自分に自信が持てるようになる。

○チャレンジ精神が身につく。
居心地の良い場所に安住してルーティンをこなしているだけでは、ビジネスパーソンとしても人間としても成長はない。 一歩踏み出す勇気を与えてくれるトライアスロンはきわめて自己啓発的なスポーツ。

○体調管理に役立つ。
トライアスロンは全身をバランスよく使うスポーツですから、身体の隅々に広がるセンサーの感度が敏感になり、ちょっとした身体の異変にも気付きやすくなるため大きな怪我や病気になる前に対策や予防ができるようになる。 

○ポジティブな思考回路ができる。
能天気なくらいでないとゴールまで辿りつけない。レース中はいろいろなトラブルが発生します。しかし「まぁいっか」とアタマ切り替えていかなければ競技は待ってくれません。起こったことはすべて正しい。どうあがいても過去は変えられない。どうせなら目の前の出来事はポジティブに捉えたほうが良い。

■この本を読んだ感想
トライアスロンのレースに出て完走するにはしっかりと練習をしなくてはいけないと思います。そうなるとしっかりと練習の時間を確保しなければなりません。限られた時間の中で練習の時間を天引きすることで残された時間の中で仕事の成果をしっかりと出さなければなりません。そう考えるとトライアスロンはただの趣味としての「スポーツ」というよりは「ライフスタイル」近いものだと感じました。

人生を楽しむための思考法とは

これからの人生をもっと自由にもっと刺激的に生きるために思考をやわらくする方法が書かれた本です。

■この本から学んだこと

「変わったもの」が価値を生みやすくなった

自分から変わる人には自由がある。
偶然の出来事や出会い。それを自分の可能性を広げるチャンスとして活かすこと重要。

順調なときこそ次の準備をしておく。

「できるだけ多くの人に」ではなく、「ごく一部の人」に気に入ってもらえればよくなった
みんなに喜ばれるものではなく、じぶんがほしいと思うものを作る。

自由に生きる人たちは売り込むことはしない。そのかわり、自分たちの考え方や、やり方を知ってもらうことに時間とエネルギーを費やす。

求められるのは笑顔と根性ではない。プログラミング技術と発想だ。

本業じゃないからこそ、いつも新鮮で、違う視点から物事を見ることができる。

成功するためには、どうすればいいか?」から「楽しく生きるためには、どうすればいいか?」へ問いかけを変えると、行動がかわってくる。

自分がこなせると思っている以上の仕事を入れることで、「どうすればもっと効率よくこなせるか」といことに意識が、向くようになる。
そして自然に「思考の閾値」が上がる。

リソース不足に不満を言うのではなく、そのリソースでどのようにやっていくかを考えることを楽しむ。

納得いかないことがあればイノベーションのチャンス。

迷ったら捨てろ。

自分はなにを持っているかということよりも自分にはなにが足りないかにきづいていることの方がよっぽど重要で足りないものがリストアップできればあとは片っ端からゲームのようにクリアしていけばいいだけの話

知識労働者はみずからが教える時に最もよく学ぶという事実がある。

「やりたいこと」じゃなくて「我慢したくないこと」を考えてみよう。
我慢したくないことを、我慢しないで生きるためにはどうすればいいか。そのために今の自分には一体なにが不足しているのか。そこまでイメージできれば、自分が進むべき方向が見えてくるはずだ。

■この本を読んだ感想
「やりたいことではなくて我慢したくないことを考え、それを我慢しないで生きるためにはどうすればよいか考えれば進むべき方向が見える。」この発想には共感できました。なかなか「やりたいこと」って見つけづらいですがやりたくないことや我慢したくないことって見つけやすいです。やりたくないことをやらないようにすればストレスフリーな生活が待っています。少しネガティブに見えるようですがとても合理的な考え方だと思いました。 

仕事を効率化する方法

 面倒くさがりやだからこそ「小さな面倒をやっておく」ことで面倒なことの負の連鎖から抜け出し、日々のストレスから開放される。 本書はそのテクニックを55の法則でまとめた本です。

■この本から学んだこと

なにかの技術革新や新サービスが誕生した背景には、かならず「面倒くさい!」という強い思いがある。

なりたい自分(=目標)を決める。
今のあなたがやるべきことがわかるはずです。面倒くさいことが起こらないよう、どんな自己投資が必要かわかる。

やる気を失って損をするのは自分
やる気がでないときはとりあえず小さなことでもいいから動きだすこと。そうすれば徐々にやる気が湧いてくるように脳がなっている。悩む前に動く。

変えられないものに執着しない。
執着すると時間の無駄であるばかりか、余計なストレスを増やすだけの、非常に面倒くさい行為。変えられるものは自分の思考と行動

仕事が上手くいっている人の特徴
答えを出すパターンを自分の中で蓄積している。物事を難しく考え上手く仕事が進められない人は一度、その考えを他者にわかりやすく説明出来るか試しす。

記憶するのではなく、メモを取る。
一般に頭の中で考えただけのアイデアは主観的になりがちで多くの欠点がある。

気力や体力に頼るような生き方ではどこかで必ず息切れする。
無意識化や習慣化などによって全力を出さずに一定の成果が出るようにする。その仕組み作りには労力を注ぐ。

人を説得する、自分で納得した人生を送るためにもすべての行動に根拠があるようにする。
これは〜だから〜いう行動をする。

お金よりも時間を大切にすること。
自己投資へのお金を節約することは時間を浪費することに繋がり、結局自分の価値を引き下げることに繋がります。

睡眠と自己投資の時間
24時間の中でまず最初に天引きされるべき時間

やりたいことリストを作るよりやりたくないリストを作る。
そもそもやりたいことがわからないことの方が多い。やりたくないことをしないようにするにはどんなことを頑張ればいいか見えてくる。やりたくないことをやらなくて済めばストレスフリーな幸せな生活が送れる。

究極のめんどくさがりは面倒が起こらないようにあらかじめ対応する。
例 スケジュールを引いておく。
    リスクヘッジをしてリスクに備えて準備をする。

パソコンや携帯の機能に詳しくなる。
知っているのと知らないのでは最も重要な時間の短縮に大きく差が出るから。

会社に依存しない。
会社がなくなったり会社からリストラされたときにどーしようもなくなるという面倒くさい状況になるから。

どこへ行っても通じる能力とは
IT、語学、公的資格、また会社の看板がなくなっても付き合ってくれる仲間を作ろう。

仕事と作業を分ける。
面倒くさいから作業には大切な時間をかけない。重要な仕事(新たな価値を生み出すこと、売上を作ること)に大切な時間をかける。仕事と言ってる中で作業に当てはまるものは以外に多い。

作業は仕組み化して時間を削減する。

■この本を読んだ感想
私も本田さん同様に面倒くさがりです。だからこそ「本当に面倒なこと」にならないように日々の「小さな面倒」をしっかりと行うことの大切さを実感しました。面倒くさがりだからこそ仕事(その中でも作業)は無意識的にこなせるような仕組みづくりをしていこう。まずはその仕組づくりに時間をかけようと思います。 

人生を楽しく過ごすための考え方

社会派ブロガーのちきりんさんによる人生を楽しく、ラクに過ごすための「ゆるい考え方」について書かれた本です。

■この本から学んだこと

早い段階で自分にはなれない職業がある、手に入れられない生活があると理解しても人生全部を諦めて絶望する必要は全くありません。
むしろそれは早めに「進むべき道が現実的に選べる」ことを意味する。

何かを選択するときは自分にとって1番大事な点で満足出来るものを選べばよい。
例えば就職する会社を選ぶ場合、「給与はどうでもいい。仕事が面白ければそれでいい」という人なら、それ以外の条件にはトコトン目をつぶる。たとえその仕事が毎日残業が続き、休日出勤が頻繁で
あっても地方への転勤が高い確率でありえても給与が手取18万円で数年間は上がる見込みがなくても仕事内容が面白いならば自分は良いかと自分に問うのです。

日本ではすぐにやめることを根性がない、逃げという悪いイメージとして捉える傾向があるが欧米はやめることは戦略であり彼らは始めたときからずっとどう終わるべきかを考えてる。
それは一定の基準に沿って決断される「合理的な終わり方」である。違っていたとわかったら速やかにやめること。人生の時間を無駄にする必要はない。

人生の先輩たちが仕事選びや子供の教育などについて何かもっともらしいことを
言ってきても聞く必要はない。
しかし、「死を」意識したときに人はどのような心持ちになるか、人生はどう見えるのか、親は子供にどんな気持ちを持つものなのか、大事な人を失ったらどんな気持ちになるのかなど人間として人との関わりにおいてどう生きるべきかについては謙虚に耳を傾けましょう。

好きなことは仕事には向かない。
好きなことを仕事にすると顧客のことを1番に考えなくてはいけないので自分の1番好きなことなのに自分のこだわりが通せなくなるのです。

他者と異なることを肯定的に評価する
社会や学校や家庭がこれを実施することで将来のゴールドカラーを育む土壌となるのです。

40代〜50代にいい仕事をしている人
ある程度の役職につくごく少数の人。大半はやりたくない仕事をローンや子どもたちのためにしている。いい仕事につくにはあまり背伸びをしないで大企業ではなく、中小企業である程度の役職につく。勝てない市場は諦めて勝てる市場で勝負する。ライバルが少ない分野を選んで勝負する。

成長して~が出来るようになりたいということがあって初めて成長することは意味を持つのです。
勉強するのもどんなアウトプットがしたいからこんな勉強(インプット)をするという考えでないと意味がない。インプットだけよりアウトプットだけのほうが圧倒的にマシ。インプットが出来てもアウトプットが出来ないのでは何の意味もない。

働く時間を減らさない限り仕事が早く出来るようにはなりません。
 働く時間を増やせば生産性はどんどん下がる。仕事の優先順位をつけやらなければならないことをやる。やらなくてもいいことはやらない、仕組み化して少ない時間で終わらす。

人脈が多いことより本人が魅力的であるほうがよほど意味があるはず。
魅力的な人には自然と人が集まる。

何もかもがすごい人多くない。
得意分野を絞り「できる人」を目指しましょう。

限られたコミュニティ(学校や同期や職場)だけで会話をしていると大前提が共通という思い込みがあるためたまにコミュニティ外の人と話す際には「なんでわからないの?」と驚いてしまう。
コミュニケーション能力を鍛えるためにはいろいろなコミュニティの人と付き合う必要がある。

楽観的であること。
全ての事象のよかった面にフォーカスして物事を捉えるようにする。

■この本を読んだ感想
40代〜50代である程度の職に付いている人は確かにわずかです。嫌な仕事をして大企業にしがみつくよりも中小企業でそこそこの役職についていたほうが気持ち的にも充実していると確かに思います。それを「逃げ」と捉えるか自分の人生を有意義なものにするための戦略的な
「大企業をやめる決断」と捉えるか、それは自分自身の問題だと思います。周りの目ばかり気にせず、自分にとって大切なことは何か冷静に判断することが今後はより大切な時代になると感じました。 
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ